防犯カメラ

防犯カメラ取扱について

防犯カメラは信頼のできる国内メーカーから取り寄せ販売、取付、メンテナンス致します。販売のみはしてません。ご了承ください

お客様が仕入れられた防犯カメラの取付、メンテナンスも可能です。

販売可能なカメラ規格について

AHD1.0/2.0

HD-SDI

EX-SDI

HD-TVI

ネットワークカメラ



動作試験について

専用の試験機を使いケーブルテストやネットワークのテスト、カメラの調整を行います。取り付ける前にお客様が映像を確認した後カメラを固定することも可能です。アナログカメラからIPカメラまで、全てのカメラ規格に対応しています。

防犯カメラ規格について

AHDカメラ 1.0/2.0

AHDとはAnalogue High Definitionの略称であり、高画質のデジタル映像を伝送時にアナログ情報に変換し、伝送後に再度デジタル情報にすることでハイビジョン画質の映像が記録できるシステムのことです。日本では「アナログハイビジョン」という名称も使われています。デジタルハイビジョンの規格としては世界的に最も普及している規格だと思われます。このAHD規格に対応したカメラを各設備会社やカメラメーカーが推しているかといえば、映像処理チップセットの製造元である韓国「Next Chip社」がAHD規格をライセンスフリー化していること、いち早くフルHD(1920×1080px)の解像度に対応していた、等の理由があります。AHD1.0と呼ばれる旧来の規格では720p(1280×720px)映像しか伝送できなかったが、後継のAHD2.0規格で1080p(1920×1080px)映像も伝送できるようになっています。

HD-SDI

HD-SDIとはHigh Definition-Serial Digital Interfaceの略であり、日本においてはもともと衛星放送の伝送用に利用されている放送用ハイビジョン信号規格です。実のところ、厳密に言うとこちらは「アナログハイビジョン」の規格ではなく、同軸ケーブルを用いたデジタル方式の規格です。放送業界で利用されていた規格だけあって一般的にAHDやHD-TVIなどと比べてノイズが非常に少ないことからこの規格を好んで取り扱う防犯設備の設置業者も多いようですが、通常の同軸ケーブルより太い高画質映像を遅延無く伝送することが可能な5C-FB規格の同軸ケーブルを利用します。それによって遅延無くフルHD画質の情報を伝送できます。ただ、他の規格と異なり、映像のみの伝送にしか対応しておらず音声の記録が必要とされる場面では別途音声用のケーブルを敷設しなければならないことや、対応するレコーダーがそこまで多くないため、AHDほどの普及には至っていません。

EX-SDI

EX-SDIとは、従来であれば100メートルまでしか伝送できなかったHD-SDIを最大400メートルの長さまで延長して伝送できるようにした規格です。AHD規格がデフォルトで300メートルまでの伝送が可能ですので、それに対抗したHD-SDIの伝送部分のみを変えた上位互換の規格といえます。HD-SDIのシステムのケーブル部分に[HD-SDI/EX-SDI]変換アダプタを利用すれば利用できます。
ネットワークカメラ
ネットワークカメラは、映像配信、取り付け台の向きや可変焦点レンズのコントロール、その他オプション機能を動作させる仕組みをコンピュータネットワークに対応させたものです。映像取得・各種操作に専用の端末を使う機種や、パソコンやサーバと通信して使用する機種があります。通信に際しては、専用のアプリケーションソフトウェアを用いるものや、ウェブブラウザを使用するものがある。Webカメラでも家庭向けの製品では、パソコンに接続して使用する事が前提となるが、ネットワークカメラはサーバ機能を持ち、ネットワーク環境があれば単独で運用可能である。あとは同じネットワークに接続されたコンピュータから通信して画像を受信したり操作したりする。その多くでは、TCP/IPの通信プロトコルに準拠しているため、インターネットへの接続が可能となっている。

HD-TVI

HD-TVIはHigh Definition Transport Video Interfaceの略であり、米国のTechpoint社製のチップセットによってデータを変換する規格であり、最新のHD-TVI3.0の規格では4Kの解像度に対応しているほか、AHD、HD-CVI規格を利用したDVR(レコーダー)との互換性があるなどのメリットがあるものの、取扱い代理店が少ないこともあり日本国内においてはあまり利用されていない規格です。